2011年08月09日

今はなくなってしまった「ひらがな」知ってますか

私が以前医療機関で働いていたとき、あるおばあちゃんがこられました。
90歳近いおばあちゃんで、予診表も自分でかけない感じでした。

そのおばあちゃんの保険証を見て驚きました。
見たこともないひらがなのお名前だったんです。

その文字は、一見、「む」に似た字で、むの点がない感じの字でした。
全く読み方が分からず、もちろんパソコンのなかにもない文字で、
カルテの入力ができませんでした。

それから一時してから、「日本人の知らない日本語」というほんがヒットしました。
その本の中に、「変体かな」という記述があり、何年かぶりにあの謎のひらがなの読み方がわかりました!

あの字は、漢字の「和」が元になったひらがなで「わ」と読むんだそうです。

「日本人の知らない日本語」の本は漫画で書かれているので、とても読みやすいですが、
いろいろ知らないことが書かれていて面白い本でした。

かなりヒットした本なので、読んだことがあるかたも多いと思いますが、
読んだことのない方はぜひ読んでみてください。面白いですよ。


posted by 芭蕉 at 22:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。