2011年06月24日

こぶとりじいさんのこぶはなぜ取られたの?

私が子供の頃に日本昔話で「こぶとりじいさん」のお話を
読んでもらいました。

そのときから、鬼はなんでお祖父さんのこぶをとったんだっけ??踊りのお礼だったかな?
と思っていましたが、

原作の宇治拾遺物語では、

おじいさんが、それはそれは素晴らしく面白い舞いをみせたものですから
鬼が明日も見たくなり、絶対に明日も来るように「質草」として
おじいさんのこぶをとった、とありました。

「こぶは幸せの印だというから、取られたら、きっとおしがるに違いない」
と鬼はおじいさんのこぶをとったんです。

おじいさんはこぶがいやで引きこもりがちだったのに、
こぶが幸せの印って鬼はなにを勘違いしたんでしょうね。




posted by 芭蕉 at 12:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。